最新更新情報


<<新しい記事    過去の記事>>


このたびは、弊社の民事再生手続により、債権者の皆様に多大なご迷惑をおかけしておりますことを改めてお詫び申し上げます。
また、債権者の皆様には、弊社の民事再生手続及び「池田カンツリー倶楽部」(以下「弊社ゴルフ場」といいます。)の運営に
多大なご理解とご協力を賜りまして、誠にありがとうございます。

さて、本年4月27日付で再生計画案の延期に関しご報告を差し上げたところですが、
改めて、現時点での弊社民事再生手続の現状についてご報告させいただきます。

結論から申し上げますと、再生計画案を皆様にお送りするまで、さらなるお時間を頂戴することになりました。

4月27日付でお示ししたスケジュールから、さらに3~4か月程度の延期を見込むこととなり、
債権者の皆様には誠にご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承いただきますよう、お願い申し上げます。

ただし、パシフィックゴルフマネージメント株式会社(以下「PGM」といいます。)が弊社ゴルフ場事業を承継する方針自体は維持される見込みであり、
すでにPGMからは、承継を前提とした支援を継続的に受けておりますので、この点はご安心いただければと思います。

弊社の民事再生手続について、現時点では、以下のとおりのスケジュールを予定しております。
裁判所からはスケジュールの延期について承認を得ておりますが、新型コロナウイルスの影響その他の事情により、
さらに変更となる可能性がありますことをご了承ください。

・令和2年9月~10月   
      再生計画(修正)案の提出

・令和2年10月      
      裁判所による付議決定及び
      債権者の皆様への再生計画案の送付

・令和2年11月~12月  
      再生計画案の決議

・令和3年1月以降   
      再生計画案の確定
      確定した再生計画案に基づき、スポンサーへの承継
      及び承継後の債権者の皆様への弁済の実行

 
上貢に記載のとおり、スケジュールを延期させていただくことになりました経緯及び理由は、以下のとおりです。

弊社は、令和元年12月2日に大阪地方裁判所に民事再生手続開始の申立てをして以降、スポンサーを選定して、弊社ゴルフ場の運営事業を承継させることで弊社ゴルフ場の再生を図るべく、
スポンサー選定を行った結果、PGMをスポンサー候補者に選定いたしました。そして、4月中には、同社への事業承継を骨子とする再生計画案を、債権者の皆様にお送りさせていただくことを予定しておりました。しかしながら、4月7日付で大阪府にて
緊急事態宣言が出されたことに伴い、弊社ゴルフ場の来場者数が予想を上回る勢いで急激に減少し、予定されていたコンペ等のキャンセルも相次ぐこととなり、弊社の業績は大幅に落ち込んだほか、以後の業績の見通しを立てることが著しく困難な状況となりました。このような状況は、5月25日付で大阪府の緊急事態宣言が解除された以降も、引き続き継続しております。

そのため、すでに大阪地方裁判所に、いったんは再生計画案を提出しておりますが、業績の落ち込み実績や以後の業績予測の
下方修正を踏まえ、再生計画案の修正を検討せざるを得ない状況です。

このような経緯により、新型コロナウイルスが弊社の業績及び
再生計画案に与える影響を慎重に見極める必要があることから、
弊社は、再生計画案の修正に向けてスケジュールを延期させていただくことといたしました。


上記の方針やスケジュール等につきまして、ご質問・ご意見などございましたら、以下の代理人弁護士事務所宛てに、電話又は書面にてお問い合わせ下さいますようお願いいたします。


【 お問い合わせ先 】

弁護士法人関西法律特許事務所

〒541-0041  
大阪市中央区北浜2丁目5番23号小寺プラザ12階

電 話:06-6231-3210  
FAX:06-6231-3377

弁護士  岡田良洋、角谷俊輔、北川慎一郎、田中成憲、桒田聡


引き続き、弊社の民事再生手続にご協力下さいますよう、
何卒よろしくお願い申し上げます。

                                                     

PAGE TOP